スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙について

選挙結果についてとやかく言いたくないし、それはナンセンスである。

選挙は水物といわれるが、それでも選挙結果から多少、傾向や原因を探ることは可能だと思うので分析した。

今回の選挙をかんたんにまとめれば、

『投票率が低く(下がり)、自民党の圧勝、第三極で注目された維新の会は上出来。

それ以外の新党は軒並み代表格の候補者のみが当選するにとどまった。

投票率が低いのは、国民が政治に期待をしていないことの表れだと思う。

国民の1人ひとりが投票をしたところで何も変らないということみんながわかっているのだ。

会社や組織などによる団体票を持っている党はやっぱり強い。

昔からの人脈や組織票を持っている自民党はやっぱり有利なのだ。

そんな出来レースに誰が時間を惜しんで投票にいくだろうか?

国民全体としての政治に対する動きがない限り、自民党が有利という構図は変らないだろう。

公明党は論ずるに足りない気がする。

創価学会員はやはり公明党に投票するだろうし、非会員ならば投票しないだろう、これは選挙しないでも結果がだいたいわかってしまっているから、前もって数字を予測できるという利点はもっているが、民主主義とは違うとおもう。

民主党が伸びなかったのは少し意外であった。

産みの痛みは何事にもあるはずである。

前回の選挙で政権交代が起こった。

そして次の選挙ではまたもとの自民党政権に戻ってしまった。

これでは前回の交代劇がほとんど意味をなさないではないか?

今までの自民党政権時代の弊害がまだぬぐいきれていないのにもかかわらず、民主党政権を判断できるだろうか?

我慢強く、民主党政権をもう一期まかせてみようという国民の寛大さがあったら日本の国は変ったのかもしれないと思う。

たしかに、民主党は役不足だ。

首相も大臣も万全を期すような体制にはほど遠いような印象を受ける。

しかし、それでも、形にならなくても、石の上にも3年、政治家も国民も我慢が必要だと思う。

民主党を選択することは変化か停滞かを選択することだと思う。

それを国民は嫌がったのだ。

人間は変化を嫌い、また停滞も嫌う。

安定と昇降状態、気休めを好む。

だから大方の人が自民党に投票したのだろう。

そのほうが前のように、気持ちの安定と気休めになるからだ。

今までそのようにしていたから停滞や減退とは感じられないからだ。

第三極はふたをあければ、マスコミが騒ぎすぎていたのにすぎないことがよくわかる。

選挙は全国でやるもので、東京と大阪でやるわけではないのだ。

全国の指示を得られなければいけないのだが、どうして東北地方や九州地方などの都市から離れた、土木と昔からの代々の習慣を持つ地域からの指示が得られるだろうか?いや、得られないのはわかりきったことなのに、あたかも維新の会が維新を再現するかのような報道は国民は少なからず混乱させた。

日本はこれからも明治維新のように劇的には変らないだろう。

そして次第に選挙、政治というものが国家の二次的な働きになるだろう。

国を動かしているのは、結局政治家でもなければ地方自治体でもない。

国民一人一人の生活で、政策によって、それらは多少影響は受けるが劇的な変化は強いられない。

政治とは距離を置いた教育、これによって日本、国の向かう方向は決まり、国力は養われるであろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。