一人旅 広島の夜

旅2日目の夜、僕は広島の街を徘徊した。

バックパック1つ、『マツダ zoom zoom スタジアム』や広島駅構内、周辺。

歩いていたら、空腹を感じ、向かったのは『お好み村』

800px-View_of_Chatsworth_House,_England

この『お好み村』は広島名物のお好み焼きの名店が1つのビルに集結し、本場のお好み焼きを気分に合わせて、冒険心、好奇心で選んだ自分の好きなお店で食べられるのだ。

広島のお好み焼きは麺がはいっていて食べ応えがあるから好きだ。

しかも、旅にはその値段と栄養と腹持ちは強い味方だ。

この日の夕食はお好み焼きのみだったから少しひもじい気持ちだったが、時にはこういう経験も必要だろう。

しかも、宿をとるのをやめ、ネットカフェで一晩明かすことにした。

近くの公園のトイレを洗面所代わりにし、顔を洗い、歯を磨いた。

一生のうちでこんな経験はあまりしないだろうし、若いからこそできることだとおもう。

いいおじさんがトイレで歯を磨くのは体裁としてはあまり好ましくないだろう。

その晩、ネットカフェに泊まる人は僕を合わせて数人いたようだ。

服をカーテン代わりにしていたのでそれでわかった。

安全面を考えたら、かなり危険だし、貸してもらえるのはひざ掛けのみだから背中は痛いし、足を伸ばすのもいっぱいで熟睡などとれようはずがない。

長い旅を続けようとした自分にとって、誤った判断だったと今になって思う。

安全な寝床があるということは幸せなことだと実感した。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる