子どもは4歳の時に本をたくさん読むと頭が良くなる

Yahooトップにこんな記事があった。

『お父さんお母さん必見! 子どもは4歳の時に本をたくさん読むと頭が良くなるらしい』

『ネタりか』http://netallica.yahoo.co.jp/というサイトで紹介されている記事なんだが、僕もときどきこのネタりかを読む。

そのときの旬な情報を提供してくれるのでなかなかおもしろく、興味ももてる内容だ。

今回は子育てに関することだったので、教育に関心のある僕にとっては有益な情報だった。

『4歳の子どもに10冊の本を与えると、言語脳といわれる左脳の成長が促される。また、4歳のときに知育玩具を与えたり、動物園や遊園地などへ連れて行ったりすることも左脳の発達を促進する』そうだ。

教育ではその時期に合った的確な指導をするということが重要だ。

しかし、『何歳のときに何をやらせればいいのか』ということに対しては科学的根拠を持った理論もなく、結果論でしかないので難しい。

そういうわけなので、今回、『四歳のときの環境が脳の発達に影響を及ぼす』ことが分かり、それに対して1つの答えを与えたのだ。

胎教ではないが、四歳のときにクラシック音楽や芸術に積極的に触れさせたり、自然のなかでからだをたくさん動かしたりすれば、将来そうした体験からそういうものに才能を発揮することにつながるだろう。

もちろん、いつでも脳に刺激を与え、思考力や感性を磨くことは可能であるし、積極的に脳を鍛え、思考や感性、想像力に至るまで高い次元で活動できるように日々努力することは必要だろう。

私たちの脳はとても優れている。そう信じている。

読書をし、自然に触れ、伝統や遺産を実感することは脳によいだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる