スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 紅葉の旅 (小旅行)

今年は紅葉の当たり年!

紅葉が鮮やかになる条件は「寒暖の差が激しい」や「葉が日光を十分に受けている」などいろいろあるようだ。

これはもう紅葉の名所に行くしかない!

自分の中で紅葉といえば・・・京都!なのでずっと行きたかった紅葉の名所『東福寺』と『永観堂』へ日帰り旅行に。

af15c6dd8d0fae49b106-LL.jpg

737c49a8dfea9cc223dd34b8900fb150.jpg


京都は距離がそんなに遠くなく、観光の移動時間などがあまりかからないので日帰りでも十分楽しめるのだ。

途中大津ICに近づくと、パーク&ライドという看板が出てくるようになり、最初なにかと思ったが、旅で京都へ車でいくのではなく途中まで車で行き、大津で1日中安い駐車場に車を停め、そこから電車で京都を観光するというものだった。

うまく計画を立てれば、確かにお得かつ便利に観光を楽しめるが、思いつきでいったので、実際に大津駅に車を停め、切符を買うという段まで行ったが、調べているうちに電車の乗換や移動などかえってロスが多くなりそうだったので、車で行くことにした。

京都はどこのお寺を散策するにしても、寺の拝観などにはお金がいるのと、見所がたくさんあるので、1日に2ヶ所くらいで十分だろうと思う。

お昼は東福寺近くにある『同聚院』でこのように『京の松茸ごはん』が食べられると出ていたので、軽食をとった。

もうちょっと東福寺からいったところにある『京料理 高澤』の懐石弁当を食べたかったが、売り切れていたので残念だった。

img_397715_6916946_4.jpg

『東福寺』で紅葉を見て、その近くで軽食を取り、『永観堂』で昼の拝観ぎりぎりまで紅葉を楽しんだあと、岡崎公園から『永観堂』への道で見つけたオシャレなカフェで休憩することにした。

チェカ~1

外観がすでにかわいい『チェカ』

京都の町の少しはずれにあり、京都もこういうモダンでかわいらしいお店もどんどん増えてきているのだろう。

もう夕方だったので、人気のシュークリームやケーキが売り切れていたので、ロールケーキをいただいた。

IMG_1835.jpg

スポンジには洋酒のエッセンスがすこし混ぜられているのか、芳醇な香りがした。

やわらかさもカステラのようにしっかりしていながらきめが粗くなくしっとりふんわりしている。

生クリームは適度にまとまり、スポンジと絶妙にマッチする。おいしい。


紅茶も店内にある茶釜で入れられるこだわりようで、くせがなくすっきりといただけた。

たぶんどんどん人気がでていくお店だと思う。立地も駐車場などの不便はあるが、京都通には目に入るお店じゃないかとおもう。

そして夕食は、岡崎公園近くの蕎麦所『権太呂』でおそばを食べた。

gontaro11_convert_20121116150540.jpg

『権太呂』さんのすごいところは毎月違ったお蕎麦が提供されることだ。

今月は『鴨なんばそば』と『釜揚げそば』だった。

僕は迷わず『鴨なんばそば』を注文したが、すでに売り切れだった。残念。

仕方なく、鳥なんばそばを注文した。ほどなく蕎麦が運ばれてきて、食べると、だしは独特の深みがある。

そばはつなぎをたぶん使っていないだろう、そばの程よいざらざらした食感と、あっさりした味、独特ののどごしはよかった。


小旅行ながら大満足の旅であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。