スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職への躊躇

なぜ就職することに躊躇するのか?

それは小学、中学、高校、大学、それから就職というように就職も一連の制度のような形態をとっていることが大きく影響している。

しかし混同してはいけない。

就職のための大学、大学のための高校、高校のための小・中学校という構図は成り立たない。

あくまで各々の要素が先の目的の中に結果として含まれているだけである。

でもこの構図は社会的に是認されている以上、それに則ることが有利であり、障害が少ない。

あともう1つ、この人生の分け方はあまりに考慮を欠いている。

確かに、教育期間と社会貢献期間として分けることもできる。

でも就職をそのまま社会貢献期間として純粋に捉えられるかといえば疑問だ。

しかも、その長い社会貢献期間(20代前半から60代までの期間)は始まったが最後、時間が圧縮されるがごとくほんの人生における一区切りとなってしまうのだろうという確信に近い恐れもある。

僕はできるならば自らの時間を自らで区切り、人生という1つの時間体系を意のままに構成したいと思っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。