箱根の旅 (対星館)

今回泊まったお宿は『対星館』

箱根には温泉がたくさんあるから、温泉宿もたくさんある。

その中のどれに泊まるのか決めるのにとても骨が折れた。

値段もピンきりで宿の形態もさまざまだった、ホテル、モダンな宿、老舗宿・・・

「料理がおいしく、源泉かけ流しで老舗宿」という条件で宿を探した。

箱根の温泉旅の今回のコンセプトは「すこし贅沢をして、風情を楽しみゆっくり日ごろの疲れを癒す」

この『対星館』さんは渓谷の早川沿いに建てられて、車では行くことはできず、専用ケーブルカーでしか行くことができない箱根でも屈指の隠れ宿

img_979574_24832399_18.jpg


また、堂ヶ島温泉で箱根七湯に含まれる。(つまり昔から箱根温泉として存在している)

本当に行くまで楽しみだった。

料理もその料理長は賞をとったこともあってその腕は保証されているようなものだ。

実際に料理はすばらしいものだった。

量も温泉宿はどこもそうである場合が多いが、たくさんあってどれもが丁寧につくられている印象だった。

Aは松の実の揚げたものがとてもおいしいと気に入っていた。

ぼくは朝食の鯵が味は鯵本来の深みと味わいがあって身もほぐれやすいがしっかりしていておいしかった。

なにより露天風呂が最高だった。

すぐそばを早川が流れ、そのせせらぎ以外なにも聞こえない。

そして、すこし視線を上げれば渓谷の自然に包まれていることを実感する。

しばらく湯につかっていると自然と一体になっている自分に気がつく。

絶え間ない流れをみていると時間を忘れ、心地いい。

露天風呂のつくりかたもエネルギーに満ち溢れているようだ。

風呂を構成する岩々が力強い。

taisei-furo.jpg

泉質はすこしまろやかでみがかれている感じがする。

肌にややしっとりとまとわり、体もよく温まる。


Aも泉質のよさを実感したみたいで、「お湯がやわらかいね。」と鋭いことをいったから感心した。

あたりに散策できるお庭があるのでそれもこの宿ならではだとおもう(なんと滝まであるのだ!)。

3_2_convert_20121026183618.jpg

大満足の宿だった。ケーブルカーから宿までの道、荷物を持ってくださり、また宿を手違いがあったらしく、1つグレードの高いものにしていただけたのもありがたかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる