東大新入生にもっとも読んでほしい本

「カラマーゾフの兄弟」の新潮文庫に”東大新入生に読んでほしい本第一位!”という帯がつけられていた。

だから購入したわけではないけれど、もちろん「カラマーゾフの兄弟」は世界屈指の書物であることは誰しもが認めるところではある。

しかし日本の最高学府が推薦するにはなにかすっきりしないところがある。

100㌻前後までは長老がでてきて、その説法のような話が大半を占めて私たち日本人にとってはありがたくもなんともない話なんじゃないかと思えなくもないが、思い当たる節もあってこの時点で人生の教訓が盛りだくさんで今後の内容にも大いに期待が持てる。

空想的な愛は飛躍的で発展的で、その上報酬の即効性を期待し、それゆえ瞬間的である。一方で、実行的な愛は地道で地味で目に見える報酬は期待できない、だから期待もしないのだけどそのぶん継続的である。それに伴って忍耐が必要不可欠の要素となってくる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる