ノーベル賞 山中教授

日本人として誇らしいニュースだ。

img_373448_37193918_0.jpg

京都大学、山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞した。

iPS細胞の開発による受賞だ。

記者会見を見ていて、僕は山中教授の話し方や視線、表情に惹かれるものを感じた。



それは秘めた情熱や、ひたむきさ、真の強さ、やさしさ、そういったんものが含まれているからではないかと思う。

やはり偉大な人は物腰や表情、挙動が違う。

僕はすぐに山中教授に対する畏敬の念に捉えられた。すばらしい。

医学研究をしている人たちは本当にすごいと思う。

社会貢献のためのなにものでもない。もちろん、医学の発展が必ずしも貢献になる保証はないが、研究者たちはよりよいものをつくりだそうとしている。

僕は研究職はやりたくないと思った。

大学教授に対して、なにか反抗的な感情を持っている。これはどうしてだろう?

やはり大学選びだったのか?もちろん僕自身の状態からそうせざるを得なかったのだからそれ以外の道はなかったのだろうけど。

僕は自己中心的な人間なのだ。

結局自分が第一に楽しくなければならないと思っているのだ!

だから研究なんてできないし、まともに一般の強制労働のようなサラリーマンとして働くこともできないのだろう・・・それは自由ではないと思うから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる