箱根温泉 宿選びについて

Aの会社は毎年秋休みがもらえる。

そしてAはその秋休みを毎年とても楽しみにしている。

なぜなら、彼女の会社は正月休み、夏休み、お盆休み、秋休み以外では3連休以上とることができないからだ。

今年もその秋休みに旅行へいく。去年は金沢へ行ったが、今年は箱根へ。

もともとハロウィンのUSJに行くつもりであったが、Aが温泉でゆっくりしたいというので、いろいろ迷った結果の箱根だ。

温泉の候補には、城崎温泉、榊原温泉、渋温泉、修善寺温泉、箱根温泉があがった。

Aは温泉だけでなく、それにあわせてどこか見てまわることができるようなところがいいという。

箱根温泉には近くに美術館がたくさんあるので、そこらをまわることができるという理由もあり箱根になった。

僕自身も箱根温泉はいったことがないのでちょうどよかったし、湯河原温泉に行ったとき、雰囲気がとてもよかったのできっと箱根もすばらしいところだ、いつか行きたい。と思っていた。

しかし、箱根温泉はハードルが高い。

いろいろなランキングで箱根温泉は1位に輝いている。

都心からすぐということもあり、また富士、山々、海に囲まれている最高の立地にある温泉なのだ。

だから、宿の数もとてもたくさんあるし、その種類もさまざまだ。というのも、温泉地がとても広く、さまざまな温泉がわいているからだ。

今回はどういったコンセプトの旅にしようか。

僕はいつも旅に行くときはそのコンセプトというのをしっかりと決めたい。そうしないと、見るところが多すぎたりして収拾がつかないからだ。

箱根温泉のコンセプト・・・温泉がもちろんメインで、そのあと美術館をまわる。行程はおおかた決まっているのであとは宿をどんな宿にするか。

箱根温泉といえば、昔からある温泉地なので由緒正しき老舗宿もたくさんある。

また人気温泉地なのでモダンでおしゃれな宿もたくさんあるのだ。

モダンな宿にもすこし興味を惹かれたが、かなり高価だったので老舗宿にすることに。

どの温泉宿もすばらしそうなものばかりなので昨日から2日がかりで決めているのだが、まだ決まらない・・・。

箱根温泉はハードルが高い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる