軽快で活動的かつ高級感 「ポロ 6N GT」 

フォルクスワーゲン_ポロは私の自動車についての価値観をすっかり一変させてしまった。

コンパクトカーは正直いいとこ尽くしだ。もっとも日本の”軽”に勝る自動車はないかもしれないが、安全性やマシンとしての存在感としては物足りなさがあるので”軽”は私にとってナシなのだ。ただ全体的なコストや使いやすさは圧倒的に優れているのは間違いない。

エンジンがそれほど大きくなくてもしっかりと走ってくれる。だが、私は税金が安くなるという理由もあって1400ccにしてしまった、これは大きな失敗であった。このポロが初めてのATでもあった。ことごとく私の当ては外れることとなった。

IMG_0440_convert_20170530213849.jpg

印象に残っているのが高山ドライブに行った時のこと。車山高原だったが、峠道に全く歯が立たず、初めて登坂車線の意味が分かった、フルアクセルでも唸るばかりでぜんっぜん登っていかないのである。エンジンとATには不満があったものの、コストは低く抑えられたし、内装と外装は先代と同じ6Nでありながら、フルモデルチェンジされており2000年に入ると自動車も進化が著しい。 ただ、このGTというシリーズは言ってみれば”インチキ”モデルで、なぜかというと、GTIというスポーティーモデルの格好だが、中身はノーマルモデルなのである。実に私らしいではないか。読み物は最高峰でありながら、その実は凡夫という・・・w

私は自動車のデザインでフロントグリルのバランスに気を付けている。それゆえアルファロメオの三角グリルがどうも爬虫類っぽくみえて受け入れられなかったのだが、最近のジュリエッタなんかを見ているとずいぶんシャープに馴染むデザインになっていてそろそろアルファロメオに乗ってみたい、そんな気分になっている。その点、スポーティタイプ的、エアロパーツ風フロントグリルは実にカッコいい。外国車のカラーリング、特に赤はメーカーによって色合いの違いが分かり、色彩を取り入れたのも私自身大きな試みであった。そして、内装も同じくスポーティに仕上げられ、メーターやハンドル、シフトグリップがシルバーに縁どられ、カーボンちっくに―以前の安っぽい素材とは異なる―なっていて高級感が増している。コンパクトカーでありながら高級車に乗った時の高揚感も味わえるのだ。私は非常に気に入っていたのだが・・・ある夏のこと―その夏は歴史的な猛暑だった―フォルクスワーゲン、ひいては外国車によくあるエアコンの故障、によってとてもその夏を過ごすことができず、ポロのエアコンのシステムが修理屋によると複雑で、原因の特定と修理には費用がかさむとのことで、私は苦渋の決断だったが、手放すことにした。エアコンが効かないだけなのにとショックではあったが、快適に過ごせない車では乗っていたって仕方がない。猛暑はまだ続きそうだった。私は急きょ、この暑さをものともしない相棒を探すこととなった。
関連記事


最寄り駅じゃないこの駅にどうしてあなたがいるの

あなたは気づいてないみたい、私はすぐにわかったわ、見覚えのあるブリーフケース、私が贈ったものだもの

付き合い始めて最初にお願いしたこと、それは元カノからのプレゼント使うのやめて

あなたは無頓着だった、今も昔も変わらないのね

ぎゅうぎゅう詰めの満員電車

あなたは涼しい顔して外を眺めてる

ひょっとしたらばったり会うかもねって冗談を言ったのは私の方

それなのにかける言葉が見つからない

思い描いてた未来で違った時間を過ごしてる

懐かしいけど、胸が痛むのはどうして

「幸せにならなかったら許さないよ」

その答え、「どう、今幸せそうでしょ?」

でも私はうつむいた

もうあなたの人生に私はいないし私の人生にあなたはいない

重なりかけた二つの線が元の通りに走っていくのよ

下りたあなたを思わず目が追っていた

別れを切り出すガマン比べ

下りたのは私

いつもの乗り換え

列車が待ってる
関連記事

素晴らしきホスピタリティ 想古亭げんない


「味の味」というこだわりの味の名店を紹介する雑誌で紹介されていた『想古亭 げんない』。その魅力はずばり食事である。

20110719_1_convert_20170523001046.jpg

夕食のメインは長期熟成の近江牛のサーロインステーキ。塩コショウ、ワサビ、タレなど五つの味わいで楽しめるようになっている。食感は実にやわらかい。脂身は少なく、熟成による柔らかさであろうと思う。上品なほのかな香り。肉っぽさは弱いかもしれないが、甘味を感じる。私は塩コショウ、わさびが気に入った。ともあれ、三大和牛の一つといわれる近江牛を食することに大いなる喜びを感じたことは言うまでもない。三大○○というのははっきり決まっているわけではないことも多く、この三大和牛とて例外でなく、松阪牛、神戸牛とするものや、近江牛を含まず、米沢牛があげられることもある。それは判断基準によるのであるが、ある基準から優れているということは間違いない。近江牛はその希少性、こだわりの飼育法、そして長い歴史を有している点で優れているようである。和牛もなかなか奥深いのであった。

近江牛が供されるから味の名店なのであろうか?いや、夕食はこれだけにとどまらない。存在感では見劣りするものの、う巻きも絶品であった。蓋つきの陶器に納められて出てきた。卵の甘味、ウナギの香ばしさが交じり合っておいしい。ふっくらと焼き上げられたウナギはふわふわの卵を邪魔しない仕上がり。華やかさはないが懐かしさを感じさせ、同時に郷土料理との新たな出会いにわくわくさせられる。充実した食事の時間を堪能した。

私がこの「想古亭 げんない」で強く感じたのは、充実したホスピタリティ。客室は十分なほど広い。風呂は別棟であるが貸切。食事は個室で、朝食は庭園に面した縁側のある、掘りごたつ式の座敷で頂いた。

AED704A036D34C35864B72639E7EC692_L_convert_20170523004729.jpg

左奥に見えるのは「五右衛門桶風呂」といって、五右衛門風呂の木桶タイプ。木の香りに包まれながら浸かり、サウナの要素も持ち合わせているお風呂。こちら「光明石温泉」と名付けられており、放射性元素を含む自然石である光明石を泉源体とした温泉なんだそう。ややごつごつしたざらつきのある石の湯船は強化プラスチックやホーローなどより温まる気がする。なにより広々とした浴室は贅沢である。とにかく滞在中はどこにいても心地がいい。

チェックアウトを済ますとお土産としておにぎりを下さった。私のような当てのない旅を続ける旅人にとって、こうしたささやかな食料は非常にありがたいのだ。玄関先ではたぬきと見間違うおっきな犬?が日向ぼっこをしていた。飾らない宿。洗練され、上品な宿もいいが、こうしたおばあちゃんの家のような肩肘張らずに過ごせる宿も旅の疲れを癒してくれるし、魅力的である。
関連記事

つまずきの石

一年ぶりに会う彼女。以前にもましてキレイになっていた。こんなキレイな女だったかなと見つめる時間が自ずと長くなる。

体のラインは変わらない。出会った頃はお互いに若かった。本当にこんな素敵な女性が自分を愛してくれていたのかな。あの頃の自分に嫉妬した。

私が贈ったものを身につけ、つかってくれた愛しい彼女。今ではすべて見覚えがなく、上質なものになっている。

レイヤーをうまく取り入れるファッションだけは変わっていなかった。

「風邪ひいたみたい、喉が痛くて」 すらりと伸びた指先を喉にあてがう。つややかな髪の束が流れ落ちた。

彼女を待たせ、精いっぱいの、やさしさをもって「これ使ったらよくなる」とヨウ素系スプレーを買ってきた。

「ほんとに効くの?」

「やらないよりかましだよ」

・・・・・・

「いいかも」 「ありがとう」

ベンチに座る。以前もしたことのある会話。そんなこと気にもしなかったのに、「前にもしたよ」と二人でにがく笑った。

これが最後とばかりに見つめあった。

「そこまで送るよ」

二人並んで歩いてく。

「手、握ってよ」

私が苦しめられた、この彼女の小悪魔加減。彼女の方が見られない。

「楽しかった、また誘ってよ」

「俺も楽しかったよ、今日はありがとう」

きっと私は誘わない、正確に言えば誘えないだろう。私はそのように彼女によって導かれるはずだから。

握った手が離れる、彼女は中指をわざと私の指先にひっかけた。いつでも思わせぶりなんだ。

「元気でね」

五歩進んで振り返ると、それから彼女も振り返った。「本当に最後だな」。彼女はほほえんでいた。私はもう一度振り返ってみたけれど、彼女が振り返ることはなかった。

(あんな風に歩いてたんだ)

凛とした、私につまずいているような女じゃない。これでよかった。自分にそう言い聞かせるのが精いっぱいだった。

ああ、またしても孤独に戻ってしまった。
関連記事

車と女の関係性 フォルクスワーゲン ポロ6N


高級セダンへの憧れはあった。しかし、実際に乗ってみると、急に老けてしまった、そんな気がした。トランクにゴルフバッグを載せてゴルフ場へと向かうのだから、誰が見てもおじさんが来たと思ったことだろう。理想と現実は違うもので、思い描いていたものと実際に手にしてみたものとではやっぱり違う。そのころはまだ、”認識”ということに厳しい目を持っていなかったので、気にいらなかった。幹線道路は優雅に走れたし、住宅街も穏やかだった。そのときは若さへの執着も強かったように思う。また、自身の女性性に勘づき始めたのもその頃だった。女性っぽいものを好みつつ、女性が好みそうなものを選ぶようになっていった。もっとも、その結果を与えたのはAで「彼氏が高級なスポーツカーに乗ってきて喜ぶような女の子は少数なのよ」という言葉に衝撃を受けたものだ。またこんなことも言った、「大体、女なんて車なんて乗れればいい、もっといえば安全に乗せてもらえるならそれでいいのよ。もっと臭いや清潔感を気にするべきだわ。あの前を走ってる車、なんてやつ?宇宙船みたいで乗りたくないし、向こうから来るのはプレデターみたいじゃない!」(ちなみに、アウディ新型TTとトヨタのレクサスLSである)

16Zoll_Space_VW Polo_Felgen_convert_20170511225933

そうなると実用的な車が好ましいということになって、依頼私はコンパクトカーを愛用しているわけだ。そして、SUVやファミリーワゴンなどに変化していくことだろう、セダンはもう乗らないかもしれない。車に関心があるものからすれば、「フォルクスワーゲン ビートル」の存在感は圧倒的なものがある。昨年の世界売り上げ一位だったフォルクスワーゲンはいい車をつくっているなぁと思わせる。一度乗るとそう感じさせてくれる。ビートルは実用性に欠けるということで、私は定番のゴルフという選択もあったが、ポロにした。かわいいでしょ。大きさも当時の私にはちょうど良かった。家族がいるわけではないしね。一番驚いたのは、2ドアのタイプだったのだが、その扉の重さである。高級車は扉の閉まるときの音に特徴があると言われるが、なるほど高級車ではないのだが、重厚的な心地よい音に恍惚となったものだ。エンジンは1.600ccで非常に軽快だった。クラクション音は上品というよりおもちゃのようにかわいかった。こいつとはいろんなところに行ったのでたくさんの思い出がある。女の子も何人か知っているよね。なんか昔の彼女を思い出しているような気持ちになってきてしまった。いろんなところに行き、時にはケンカも・・・、故障したりして手もかかったなぁ。最後は台風の豪雨と強風で塗装のクリアが傷んでしまって、全塗装を塗り替えなければならない状態となってしまい、止むを得ず廃車にしたのだった。レッカー車で車庫から連れていかれる姿は、徒刑場へ連行されていくような悲しさがあった。私はずっとその後姿を、姿が消えてもなお追い続けたのだった。
関連記事

小説「オン・ザ・ロード」がつまらなすぎる 飯食って、セックスするしかないのか


河出書房新社の「オン・ザ・ロード」がつまらなすぎる。助けてくれ。

何がつまらないかって、描いている世界がつまらないから、どんな書き方をしたってつまらない。しかもその書き方だって薄っぺらい登場人物にぶつ切りにされたアメリカ大陸放浪記。自然が多く、広大で、美しいはずのアメリカ大陸は単純に描かれ、色あせてしまっている。そこで暮らす人々はもっといきいきしているはずではないのか?そうでもなさそうだ、当時の時代がそうだったのであろうか。私には分からないが。こんなつまらない小説は初めてだ。火にくべたって惜しくない。時間の無駄。これがある人々にはバイブルらしい。謎。

この世界はどんどんつまらなくなるし、文学もつまらなくなっていくのだな、と妙に納得してしまった。ゲーテはおもしろいことを書いてたなぁ。魔の山も好きだな。ドイツ文学、好きなのかしら。

私は、毎日やることがない。つまらない。飯食って、セックスするしかないのか、ばかばかしい。ずっと自殺しようかな、なんて考えている。生きてても仕方ないなと思うけど、未来のことは分からないからただ根拠なく期待しているから生きていられる。

やるべきことは?生きる意味は?はっきりしている、生きる意味なんてはじめからないんだと。善も悪も、ない。どうでもいい、おもしろいことはないのか、生きたいと思えるようなことはないのだろうか。何か月もこんな感じで過ごしている。文学に意味を求めてはいけないんだろうけど、なんだか虚しくなってきちゃう。
関連記事

Hさんのカナダへの旅立ち 河出書房新社 世界文学全集-美しき単行本


「今日か明日、誕生日でしたよね。おめでとうございます」

いかにもHさんらしいお祝いの言葉だ。毎年彼は私の誕生日にメールを送ってくれる。たしか私がHさんに自分の誕生日を教えたのは出会った当初の一回のみである。それゆえ今日か明日、という少し曖昧な表現をしているのであろうが、必ず当日で間違っていたことは一度もない。彼は万事において人がわざわざ覚えておかないようなことをしっかりと記憶にとどめ、相手への親しみをこめてその記憶に基づく、今回のような行動を取ることができる思いやりのある人なのだ。私は彼のそういった誠意のこもった行動を目にするたびに自分自身を反省し、戒めたものである。彼はこの春、カナダへ活動拠点を移すという。旅立つ前に会おうということになった。

私とHさんは、もう10年くらいの付き合いだろうか。Hさんが年上だが、私が先輩というやや複雑な関係性からメールの文言からもわかるように、微妙な距離感を保ってきたところがある。そもそも、Hさんは芸術家肌で、誰とでも一定の距離を保ち、自分のテリトリー内には入れさせないというような雰囲気の持ち主であった。作曲家で、多くのレクイエムを創作している。時々私にデモテープを送ってきては「いいものができたからぜひ」とか、「ここから先がどうしても合わない」というのだった。私もHさんも芸術を愛していたから、相通じるものはあったが、それゆえ親しくなりすぎるということもなかった。

餞別の品を贈りたかった私は、彼の希望であった折り畳み傘をプレゼントした。

fulton-011_convert_20170508013933.jpg


傘と言えば、雨。雨と言えばロンドン。イギリス王室御用達の傘ブランド フルトンだ。品質・機能性、デザインのバランスがいいスタンダードな傘といった感じだ。カナダの雨空にもきっと似合うであろう。彼も喜んでくれた。

彼からは誕生日ということでケーキと彼のバイブルであるという、単行本『オン・ザ・ロード』(ジャック・ケルアック著)のプレゼントがあった。誕生日プレゼントなんて期待していなかっただけにとても嬉しかった。

IMG_1787_convert_20170508013825.jpg


私の所有する本の90%以上が文庫本でそのうちの80%ほどが岩波文庫である。なぜ文庫が多いのかと言えば、単純に廉価だからである。この度、ほとんど読むことのない単行本で文学作品を読んだのだが、なかなか心地よいものであった。

河出書房新社、世界文学全集第一集の一冊目がこの『オン・ザ・ロード』である。装丁も洗練されていて美しく、本棚に納めておきたいと思わせるステキなものだから、私はこの文学全集を一つずつ集めていくつもりだ。こうした機会を与えてくれたHさんには本当に感謝している。文学全集なんて売れない時代だが、それでもこうした企画を形にしてくれた河出書房新社も素晴らしいと思う。

これを機に私の読書スタイルを変えてみることにした。すなわち、自宅用の本を単行本に変えるのである。文庫本は仕事の合間やカフェなどで読むことにしよう。立派な存在感のある単行本が本棚に増えていくのを想像しているだけで胸が躍る。

関連記事

一日四組限定のまさに隠れ家 味宿 想古亭 源内


世間はGW真っただ中。

先日できたばかりのイオンモールに行ったらものすごく混んでいた。人気スポットに行こうものなら渋滞、長い待ち時間は必至であろう。近所で食事をするのでさえ普段ではそんなことはないのに待たされた。食事で待たされるのはツライ…

人気スポットや人気店、どうして人は集まるのであろうか。人々はなにか目的があってそこへ行く。食事であればおいしいものを、宿であれば快適に過ごせるところ、映画であれば感動やおもしろさ。インターネットやSNSでの口コミを参考にして目的地を決めるというのが最近では多いようだ。私は食べログの口コミなど全く信用していないし、参考にもしないのだが、よく食べログの口コミがいいから行こう、だとか、じゃらんの口コミをみるとよさそう、などときいたりするが、もうちょっと信用のおける情報はないの?と思ってしまう。知り合いや友達がおいしい、よかったと言っていたという方がよっぽど信頼できるではないかと私は思う。

さて、黒壁スクエア・長浜の旅はいつもの温泉旅とは違って、黒壁スクエアがメインだったので近くに温泉宿はない。温泉地であれば私が絶対の信頼を置いている『温泉遺産』を参考にして宿を決めるのだが、今回はこの雑誌を参考にすることはできない。宿泊で最も重視するのは温泉の泉質なのだが、その次はというと食事の質である。そこで食事に重点を置いた雑誌を参考にすることになるのだが―雑誌の質も様々だが、写真や説明、対象の読者、そのコンセプトで判断している―今回は『味の味』を参考にした。

img001_convert_20170503113053.jpg

雑誌の紹介文には、「味の味」は各界の著名人によるエッセイなど美味しい話と全国のこだわりの味の名店を紹介する月刊の”食の文化誌”です。とある。その名店のなかに『想古亭 源内』があった。

5a1a7a2e9d5ea57f2b2c9b77013a227c38b876ba_47_1_26_2_convert_20170503115103.jpg

奥琵琶湖、賤ケ岳の麓、自然のなかにひっそり佇む一軒宿。一日四組限定のまさに隠れ家。黒壁スクエアのある長浜中心部からは北に外れる。

59F67896EEBA45679C398C8EC2AA017E_L_convert_20170503120420.jpg

この階段を上がった先にあるのだが、あらかじめ有力な情報を持って臨まなければ躊躇しかねない立地である。しかし実は街と田舎をつなぐ緑のトンネルなのである。トンネルを抜ければ忘れかけていた田舎の暮らしがあるのだ。
関連記事
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる