憧れの外車 アウディA4 アウディのダサいイメージを一掃した車


外車への憧れは募るばかりだった。特にドイツ車に強く興味をひかれた。なぜだろうか。

イギリス車は、ロールスロイス、アストンマーチン、ベントレーと高級車のイメージでフェラーリやランボルギーニを欲しいとさえ思わないのと同様、雲の上の存在だった。イタリア車これらの高級車を除いたフィアットやアルファロメオ、これらの内装の美しさは憧れたがデザインの妖艶さが大人っぽく、青二才の私には似合うはずがなかった。フランス車は型にはまらないデザイン性とやわらかなラインがおしゃれすぎて気が引けた。アメリカ車は大きすぎて日本の道を走るには不便だし、燃費も悪いので論外だった。ドイツ車はカチッとしたデザイン、高品質でまさに質実剛健、外車素人の私にはぴったりだった。

ポルシェはデザインは美しく、エンジンも素晴らしいのだが、あまりにも存在感があり過ぎる。BMWはタフでごつい。私のようなひょろひょろの若者は全然ふさわしくない。メルセデスは高級車というイメージが強すぎて若者が乗る車ではない感じだった。フォルクスワーゲンはかわいくて私は好きだった。そして、アウディ…ずっとあまりかっこよくないイメージだった。

1024px-Audi_A4_front_20080326_convert_20170428233606.jpg

しかし、このアウディA4が登場すると、一瞬にして私はとりこになってしまった。高級感漂う洗練されたフォルムに大人の女性のような上品さが全体に感じられる。そのころはまだセダンをおじさんくさいとは思わず、むしろ車のスタンダードフォルムとさえ思っていたのでとても美しいと私に映った。内装もまさに高級車のそれで、ハンドルやシフトレバー、スピードメーター、それぞれの部品が線が重なり、金属部品やメッキがアクセントになるように配されている。なにより驚いたのが、シフトチェンジの際の走り出しの軽快さである。これが高級車のエンジン、トランスミッションなのだろうかと感動したものだ。アウディA4との出会いは私の自動車観をすっかり塗り替えてしまった。デザイン、内装、乗り心地、すべてにおいて満足させてくれるもの、それが外車なんだと、半ば信仰するように私は思った。
関連記事

競馬デビュー Mは天才かペテン師か

毎週末、私のもとにMから競馬の結果が届く。

先々週、彼は初めて大きな馬券を当てた。

27万円。

彼はひどく興奮していた。私は賭け事はばかばかしいと考えていた(数学的にみればやる気にならない構造になっている)し、金儲けに興味がなかったのであっそう、よかったね。くらいの反応しか示さなかった。

先週は土日の二日間で35万円勝ったという報告が来た。トータルで90万勝っているということだった。

私はさすがにすごいと感嘆しないではいられなかった。思わず彼の才能と幸運を称えた。

彼は何度も私を競馬に誘った。しかし私は断り、あしらい続けていた。ところが、今までと違って一緒にやりたい、楽しみたいと言ってきた。彼によるとなんでも今までは試行錯誤を繰り返しながら、自分のスタイルを確立ができなかったため、的中確率を自ら落としていたという。最近になって自分の馬券購入のスタイルが固まり、それがようやく結果として現れ始めた。そこで私にぜひ一緒にやってみないかということであった。そういうことならば断わる理由もないので、私は競馬デビューを果たすことになった。

彼の口説き文句はこうだった。

「欲をかかないことって重要」

「自分の形を崩さない」

「頭いい人は勝てる」

「コツを掴むだけ」

私は金をドブに捨てるつもりで、友情の証として、賭け事を一緒に楽しむことを目的とすることで競馬を始める動機とした。そして興味深かったのが、数学的にはどうしても儲けることができない競馬で儲けていると豪語するMの実情である。実際のところ私はその調査に乗り出すかっこうであった。何をするのか?Mと全く同じ賭け方をするのである。

Mは儲けられるというが、私は儲けられるはずがないと分かっている。だとするとMがハッタリをかましているということだろうか?私はそう思いたくないのだが、それはこの調査によっていずれ証明されることであろう。Mの人間性に迫るチャンスでもある。しかしながら、Mは天才的頭脳の持ち主であり、彼の競馬必勝法は数学的にみれば、ありうる範囲内で限りなく確率を上げる方法であるように私には思えた。そして彼が競馬で儲けていようが、いまいが彼には絶対的資本があるので、私がルールを自分でつくっておかなければ、私だけが破産する結果を生みかねない。その作ったルールというのが、”10万円損失を出したらやめる”である。彼の計算上では一回1万円の賭け金が手軽でいいそうであるから、10回は楽しめるわけである。成功率何割かという結果は確率として十分信頼してよいものになるかと思う。

私は言った。「俺はMの単勝賭けだ」

「プレッシャーっすね」任せといてください。

「馬主の気持ちにもなれていいだろう」

「その通りっすね」

今週は私はMと同様9千円賭けて負けた。ちなみにMは他のレースで1万5千円の儲けになったと言っていた。これで少なくとも4週連続勝っている。私はますます疑いの目を向けることになった。金の切れ目が縁の切れ目というが果してMは私の友でいつづけられるであろうか?!
関連記事

カフェ叶匠寿庵 琵琶湖の湖畔にて ああ無常


黒壁スクエアの商店街にある『カフェ叶匠寿庵』

640x640_rect_45513065_convert_20170411154449.jpg

640x640_rect_45513041_convert_20170411154425.jpg

img_main002_convert_20170411154358.png

純喫茶の懐かしさを保ちつつ、おしゃれで洗練された大人の雰囲気。
最近見た目、形こそ立派だが、中身が伴わないがっかりカフェが少なくないが、こちら和菓子屋さんのカフェとなっていて、売り場が併設され、広々とした店内、品よく陳列された和菓子の数々、正面にはショーケースにかわいらしいケーキが並ぶ。素材と調理にこだわった充実したメニューから歴史や伝統、質の高さがうかがえる。もっと黒壁スクエアが盛り上がらなければ、ここにこのお店はふさわしくないと思えてしまった。なぜこんなところに?と思わないではいられなかった。家の近くにもあったらな。

f789900e_convert_20170411153725.jpg

長浜城は復興天守であるため、感慨めいたものを引き起こすことはなかったが、それでも豊臣秀吉の初めて築いた城ということで、私の眼にはやや立派に映った。例によって、城内は歴史博物館になっていて、一通り観覧すれば長浜の歴史、豊臣秀吉及び近親、側近がたどった運命を知ることができる。私は日本史に疎いので、淀殿や江にまつわるエピソードに新しい発見と理解があったものの、もっと感心と理解があれば、長浜の旅も楽しめるのだろうと残念でならなかった。

o3601238513805164604_convert_20170411165653.jpg

太閤井戸跡。

「夏草や兵どもが夢の跡」のように私にも詩が読めたなら、この旅にも意味を与え、深い感慨とともに記憶にとどまることだろうに。
海岸と錯覚するほど広大な琵琶湖は水平線までしっかりと描いていた。波は海とは違って不規則で、相対的に凪のようであった。あのときの私の穏やかな心持は、あの空にも似て、水面にも似て、あたたかな風にも似ていた。ある種の幸福の絶頂があるとするならば、あの時がそうだと思う。今では、涙の一つや二つ流れてしまうに違いない。私は無常を知ったのだ。
関連記事

峠道に適した車 スバル 2代目インプレッサ WRX

岩木山のように、小倉山のように

郷愁をそそる山が私にもある

その山の峠道は険しく、急カーブ、急降下、急坂と、MR2では何度もスピンをしかけた。これではいけない、私はもっぱら街道よりも山道や渓流沿いの自然路の上につくられた道路を好んで走っていたため、足回りのタフな車へと気持ちはすでに移ってしまっていた。

1-81-1_convert_20170405224237.jpg

かつて抱いた「スバル レガシィ」への憧れの気持ちを失ってはいなかったが、峠道から連想されるラリー、そしてラリーカーとしてのイメージが強いインプレッサが条件としては適していた。おそらく、スバリストとしたらレガシィを買う意味がわからないだろうし、私もレガシィの存在意義が今となってはよくわからなくなっている。現在に至ってはレヴォーグというデザインも性能も素晴らしい車がある以上、レガシィが人気を博する時代はもう到来しないであろう。人の感性は変化していくもので、スポーツカーを好んだ若者はがっちりとした高級感さえ漂うセダンに好感を持つに至った。たしかにセダンは高級車、大人の乗り物というイメージだし、ゆったりとした気持ちにさせられる。浪人生としての自覚と心構えができたことも関係しているのかもしれない。とにかく最も印象に残っている車の一つで、MT2速のクラッチの衝撃的な固さと強固なかみ合わせ?は忘れることはないであろう。4WDの圧倒的な安定感と、ハンドリングの素早い反応、ターボのメーターや速度計、シフトレバー、ペダル、バケットシート、それらすべてがレース仕様の本格的なもので、車好きが最高に高じたというような代物だった。その意味で私にとってトラウマとも呼ぶべきものでもあって、あまりに車を追求してしまうと、一般から外れ、非常識、ならずもの、という印象を与えかねず、この車以降、私はあまり目立たない車を好むようにシフトしていく。エンジン音はやかましく、半端でないボディーカラーは年頃の男の子には恥ずかしさを感じないわけにはいかない、そんな常軌を逸したものなのであった。
関連記事

資格の取得 国家資格でない資格、なんちゃら検定は意味がない

高校時代の恩師は私にこんな惜別の言葉を送った。

「だれもが、Hのように自由に、我が道を行くというような生き方ができるわけではない。こういう学校であればなおさらな。同級生の多くが社会的な地位を得、いわゆる立派な大人になっていくことだろうと思う。私は教師として彼らを誇りに思い、また彼らの活躍が楽しみでもある。だが、時々出会う、Hのような風変わりというか変わり者な生徒は私になんとも形容しがたい期待を抱かせる。きっと未来が想像できないからだろうな。大体高校を卒業するころにはどんな生き方をしていくのか、仕事、家庭、そういったものがすでに形作られていることが少なくない。進路相談で私がHにいろいろな質問をしても、NOという言葉は聞いたが、こうするつもりだということは聞かなかった。そして教師を偉いともなんとも思っていない態度も私には何かおもしろく感じられた。だから、ついぞ進路相談のときでさえ、Hに説教じみたこと、アドバイスの類もほとんどしなかったように思う。それが何か可能性を狭めることになるのではないかとも思えたからだ。しかし、わかっているだろうが、そんな生き方をしていてはリスクを伴う。教え子であるお前に苦しい思いをさせたくないという気持ちはやはりある。だから言うのだが、せめて資格の一つは取っておいた方がいい。あとは何も言わない。好きに生きろ。お前のことだ、仕事にも就かないかもしれんが。」

そのときから、「資格」を取ることは私の脳裏にずっと焼き付いていた。文学的活動に時間のすべてをささげたいと思っていた私には、資格のための勉強さえ惜しかった。文学では食えないこともわかっていた。資格が生きて行くための手段を与え、助けとなることは明白だった。そんな葛藤を抱えながら何年もが過ぎた。そして今年大きな転機があった。

会社からある資格を取ったらどうかという依頼のような提案のようなものがあった。私は二つ返事で引き受けた。運命はこうして巡り、人は一つひとつステップアップしていくのであろう。私にまた一つ道が開かれた、そんな気がした。一年一年、テーマを決めながら日々を過すのは私のスタイルであるが、今年のスタートはこの資格を取り、その延長でなにかをも獲得することが一つの目標となりそうである。

友人Mは毎日時間が有り余っているからなんか適当に検定でも取ろうかしらんと笑っていたが、私はその思いつきに賛同することは出来かねた。ユーキャンとかなんかいろいろ資格やらなんちゃら検定ーの類は金と時間と労力の無駄でしかないと私は思う。国家資格でない資格に私は意味を感じない。民間の資格、検定は商品でしかないのではないだろうか。最近遠ざかっていた暗記という活動がやや新鮮で面白く、楽しく勉強が進んでいる。勉学に向いている性格なのだと改めて感じ、文学はやめてそういう実用的な方面へシフトした方がいいのかもしれない。しかし、文学をやめることはおそらく一生不可能だ。
関連記事
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる