スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分と賢く付き合う


同時に二つのことができるほど私は器用でないし、ただ日々の生活を送るだけでも疲弊してしまう精神状態なのでブログからは徐々に遠ざかっていくことになるだろうと思っていた。作品のことが気になり、正直ブログの方は段々と関心が薄くなっていった。以前は毎日アクセス数を確認して、一喜一憂していたものだが、今はどうでもよくなってしまった。昨日”きっとまったく更新してないからアクセスが激減してるんだろうな”と思って確認してみると、減ったことは減っていたが、思ったよりも元気に?やっていた。ブログは頻繁に更新して、続けることがアクセス数を増やすポイントらしいが、それは間違いないこととして、そうやって続けてきたものであればたとえその頻度が落ちたとしても無に帰するほど残酷な構造ではないらしい。今後も細々と続けていこうと改めて決意した次第である。

読書、ブログ、文学賞への挑戦、この歩みは偶然であろうか、必然であろうか。私は常に作品としての執筆を意識していたことは確かなことで、そこに向かって歩みを運んできた結果とすれば当然であろう。ただ実感として思うのは、人が気分に左右されながら日々を過しているということで、読書がしたい気分から、ブログを書きたい気分になって、応募作を作ってみようという気分に変わっていったということで、私がこうしたいと思ったからそうなったのではなく、私がそうなっていたから、こうしたいと思ったのである。漠然と自分がなりたい状態というものを描きながら日々の気分に従って生きることで―気分に抗うことは可能だが、気分は常に前提として私に用意されている―その状態に近づくようだ。ゆえに、文学賞を取りたいだとか、その後作家として活躍したいという気持ちがあるわけでなく、今は気分的に文学賞に作品を応募してみたいのであってそれを終えた時、私がどういった気分であるのかは不明であるし、なにをやろうという気になっているかは予想できない。ここ数か月でそんなスタイルが自分に合っているのではないかと思うようになってきている、気分に合わせた目標設定をし、それに向かって努力を続け、それを果たした後、そのときの気分に合わせてまた目標を立てるという繰り返しである。少なくとも、こうしたテクニックによって思い悩むという事態に落ち込まずに済んでいるようにも思う。資格受験、作品賞への応募、次なる目標は?あと一か月目標に向かって日々過ごすのみである。
スポンサーサイト

「ブログと真実」 ”死”と思い出

私のブログのテーマは『過去の再構築』である。”失われた時を求める”ことにも近い。”過去の再現”ではないため、ここに記すことのすべてが事実であるわけではないのだが、事実に基づき、不要なものは除き、強調したいところは強調する。すなわち脚色をほどこすのである。このブログによって私自身の人格を判断されてはちと困る、要はそう言いたいのである。ブログは独立した思想体系を持ちながら、ほんの少しでもおもしろさと意義がうまれるよう試行錯誤して書いている。世界三大自伝の一つと言われるゲーテが書いた『詩と真実』、私はここで『ブログと真実』とでも言いたいような気がする。『詩と真実』、これが意味するところを私は少し掴みつつあるのではないであろうかと思う。こうして二項が並べられることが可能であるのは、互いに関係性を持っているからであるし、また二つで一つの何か深い意味を含んでいる。ブログと真実は異なる。いや、現実と真実が異なり、ブログと真実は同等であるのかもしれない。私によって忘れられた私の過去は、もはや何でもない。ブログには再構築された過去とは異なる世界が広がる。過去が失われる代わりに新たな認識対象に変わって把握させられている。現実よりも印象が強調された過去を私は持つことになる。

「死」によって突然過去が全く違った姿をみせることに私は愕然とした。それはまるで、いつでも過去という、中にいれられているものを自由に動かせるようなビン容器に突然フタが締められ、中の様子は変えることができなくなってしまうばかりか、死という暗幕をかけられてしまうようであった。そしてそのビン容器はぼんやりと美しい思い出としてやわらかな明るい光に照らされるのだ。

特に彼の死は未来の絶望であるよりも、喪失であるほうが大きかった。すべてが美しき思い出となり、彼が関係する思い出のすべてが、彼を中心とした思い出に変化した。私は自分自身に別れを告げるまで、今後ただひたすら喪失し続けるのである。さわやかで凛とした思い出が、悲しさの色味をおびて私の心を圧迫するであろう。私はすっかり年をとってしまった。毎日なにかが失われていく。

「死」は一度でも訪れれば、万事休す。運よく一度も訪れなければ、それが生きているということ。たまたま心筋梗塞になってしまった、もしそのときならなければ?今も生きているに違いない。肉体は若く、今にも動き出しそうだった。しかし、燃やされ灰になる運命とはこれ如何に?「死」を意識して生きる?それすらも無力だ。どんな生き方をしたとしても、その一切を修復不能の過去へと葬り去る。奇跡の積み重なりで成り立つ、現実に私は何を与えようというのであろうか?美しき思い出、それはその時間を共に過ごした人々のたのしそうな、うれしそうな笑顔であり、彼らが私に与えてくれた思いやりではないだろうか。

虚無に蔽われたこの世界、ありがとう


テレビ離れ、活字離れ、セックス離れ……われわれの行き着く先は虚無なのか。

この”離れ”によって経済や社会が損なわれるため、このようなシグナルが発信される。だからといってこのシグナルによって改善されるわけもないので、ほとんどこうした言葉は意味を持たない。実際にこうした現状に直面しているそれぞれの業界はなんとか改善しようと努力をしているようだが、一度生まれた悪循環を好循環にすることはほとんど不可能なのである。それよりも、こうした現状に乗じて新たな流れを生み出すような試みをしたほうがよさそうだ。人間は飽きやすく、欲望は際限ない。栄枯盛衰。憂うことでもないのだが、メディアは騒ぎ立てている。

テレビがつまらなくなり、出版業界の元気がなくなり、男女交流が少なくなる……、私には好都合だ。

テレビは魔力を持っていて、一度つけてしまうとダラダラといつまでも見続けてしまう。だが、つまらなければテレビをつけなくてすみ、私は時間を手に入れることができる。本が売れない、中身の薄い本が大量に出版され、文学の価値は相対的に上がり、また読書する人間が少なくなればなっただけ、質のいい読書をする人間は有益な時間を邪魔されることなく、他者に侵されることなく手に入れることができる。自分しか知らない、オアシスを知っているような快い気分で読書ができる。本のことが話題に上らないため、余計な労力、余分な情報が入らなくてすむ。

電車に乗ると、殆どの人がスマホでなにかしているのだが、何をそんなにすることがあるのか私には分からない。私もスマホを持っているのだけれど、SNSなんて素人がやっていることだから薄っぺらくておもしろいわけもないし、ネットの情報はでたらめで、ゲームはクソゲー。スマホに時間をとられることもない。私に楽しみを与えてくれるものは、すっかり厳選されて、文学・芸術・音楽・表象・夢想・思索。食べ物なんて何を食べてもそんなに変わりはないのに、テレビでは過剰に高カロリーで希少な食材を使った料理などが紹介されている。欲を満たすための情報を垂れ流しているテレビは本当にくだらないと思う。

このくだらない世界のおかげで、私は自分の楽しみに没頭することができる。自然の美しさ、身近な人間関係、芸術、純粋な人々の営みに心を向けることができる。虚無に蔽われたこの世界、ありがとう。

「嫌われる勇気」 嫌われるより無関心 無視できない存在


「嫌われる勇気」という本が最近よく読まれているらしい。読まれてい”た”、過去形かもしれない。香里奈さん主演のドラマも放送中?していた?とのことだ。とにかく世間で関心を集めていることは間違いない。中二の頃の私ならずいぶんこのタイトルも響いたことだろう。そのころ、私はどうしたら人に好かれるか、同級生や同じ部活の部員と仲良くなれるのか、そんなことばかり考え、いい人になろうと努力していたからだ。嫌われるというより、私は好かれていなかった、孤独であった。だから友達と呼べる、そんな人が欲しかった。好かれるの対極にあるのが嫌われるということで、嫌われる勇気ということは好かれるという概念を前提としているが、いまの私に好かれるとか、嫌われるとかいう感覚はなく、とうの昔に忘れた、既に朽ちた概念であった。すっかり人間ぎらいになってしまって、できるだけ人とは関わりたくない、関わらないように生きているというのが本当のところだ。親切にする機会があっても、面倒なことになるんじゃないか、本当に親切になるのだろうか?そんな思いから差し伸べかけた手をひっこめることは日常だ。頼まれごとや、頼みごと、それを直接ではなく、業務的にあるいは間接的にやりたくなる。友人が不在の時をあえて狙って贈り物を届ける。予定があるときにあえて約束をして最低限の目的だけを果たせる算段をつける。私の主義、人生観に沿わない、視点・感性による判断を私は猛烈に批判するし、決して同意しない。私はそうした友人でも馬鹿げた発想や幼稚な主張にはイライラさせられるので、私の前では口にするなと憤慨する。「嫌われる勇気」、手に取ることさえ恥ずかしさを感じるが、できることならもう少し嫌われたい。そしたらもっと自由に気楽に日々を過せるだろう、今のままじゃ煩わしい人間関係が多すぎる。正確にいえば、嫌われるより、無関心でいてくれたらそれが一番かもしれない。いてもいないでもどちらでもいいようなそんな存在が理想なのかもしれない。だが一方で、私の発言や行動が自然と私を他者にとって”無視できない”存在に仕立ててくれたら気持ちがいい。このブログはそんな野心によって続いている気がする。

私のモダニズム 古典からの卒業


昨年、岩波文庫で待望の『パンセ パスカル著 (上中下)』が発売された。私は書店で『パンセ (下)』を目にしたとき、本との出会いにおいて最高の興奮を覚えた。「人間は考える葦である」とつづられた伝説的書。それがようやく読める日が来た!私は心を躍らせ、家路につき、さっそく読み始めた。悲劇はやがてやってきた。

箴言の数々に私は興奮冷めやらぬといったところであったが、徐々に雲行きが怪しくなっていき、気がつくとひたすらキリスト教を推しているパスカル。私は辟易したし、ひどく絶望した。もうキリスト教はいいから。それが私の本音であった。パスカルにそのすべての責任があるわけでは無論なかった。私は同時に「幸福論 アラン著」を読んでいた。これがいけなかった。この「幸福論」もキリスト教を信じよ。そう読者に告げる。

全幅の信仰は私たちの悩みも苦しみも救ってくれる。そしてそれは幸せであると。ではなぜ、キリスト教なのか。それを延々と説いている。

その人にとれば信仰の対象などなんでもよい。ただキリスト教がたしかに平和的ではある。しかしながら、安堵という名の幸せのためにはどんな宗教でもよいのである。いいかげん、飽き飽きしてきたし、せっかくの思想も結局キリスト教に通ずるのを思うと、私はキリスト教がらみの文学を排除しようかと考えている。ドストエフスキーを私は好きであったが、結局はキリスト教の在り方やキリスト教に対する問いに多くのページが割かれていた。私はキリスト教どころか宗教自体に必要性を感じない。宗教がなくても、この世界はすばらしいと思えるし、これ以上なく幸せである。また、理系の私にとっては、世界はピタゴラスは数式で表せるといったが、私もエネルギーの変換としか見えない。対称性のやぶれがあり、有と無ではなく、均衡があったのだと思う。世界が重力によって上から下へ移動するがごとく、エネルギーが大きい方から小さい方へ移動し続けるのみである。そして物質は最もエネルギーを消費しないよう動く。あらゆる活動はこの法則に従っているのは世界を眺めれば明らかでもある。信仰は楽に生きるにはもってこいの手段なのでぜひとも活用するといいと思う。そして、信仰するならなるべく徹底的に信仰するのがいい。多くの人は中途半端に信仰して相変わらず苦しむことになってしまう。信仰するのは味気ない。世界を注意深く観察し、深く知ろうとする方がよほど幸せだし、楽しいと思うのは私だけだろうか。

私は好古趣味であったが、いよいよおなか一杯になってきた。クラシック音楽、印象派、古典文学…これらが、ジャズ、抽象画、現代文学へとシフトしていった。古典はちょっとあつくるしい。クールじゃない。なんとなく、こうして芸術は変わっていくのだろうなという実感を得た。これは希望でもあった。とすれば、いつかこれらのものもおなか一杯になり次によりクールなものを求めることになる。それはいったいどういうものになるのだろうか?

プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。