スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムウェイの罠


このブログのありがたい訪問者さまの中にはときどき「アムウェイ」に関する検索ワードによっておいでになる方がいらっしゃる。

その検索ワードは「アムウェイ成功者」や「アムウェイはなぜなくならないのか?」といった具合だ。

思いのほか需要がありそうなので、少し書いてみようと思う。

そうしたアムウェイに関して調べる方というのはアムウェイを始めようかどうしようか悩んでいる場合が多いのではなかろうか?と思う。

なのでまず、成功するために始めるということだと思うので、向き不向きについて少し。

アムウェイやネットビジネスの魅力はなにかといえば、がんばったらがんばった分だけ報酬をもらえるという極端な歩合制(がんばらなければ報酬なし)―がんばったらというのは、結果を出したらという意味であり、努力や行動の質は問われない―、常識では考えられないほどの高い報酬、ともに成功するというような図式などさまざまである。

しかしながら、始める動機というのが高収入、つまりお金のためであるならばやめるべきだと思う。

というか、成功しないだろう。

それを見極める簡単な方法は、自分がアムウェイのほかにFXや株取引も始めてみようかと考えたり、思ったことがあるかどうかである。

お金が欲しいのはわかるが、それほどまでに欲にまみれていては全く希望はなさそうだ。

FXや株取引で儲かるのはそのまま直接損をしている人がいることを意味するので、他人の不幸を喜ぶ神経は僕には理解できない。

相対的な相場の動向による差によって利益が出るということならばいいではないかと言われそうだが、それもまた売買している以上広い目で見れば同等である。

ぜんぜんフェアでないし、そんな生産性もないことお金をもらおうなんていうのは浅はかだ。

もし元手がたくさんあるのであれば、自由にどうぞだが、お金がなくて、儲けたいという人が立つ場ではないだろう。

さて、これで株やFXとおなじように単なる楽な金儲けの手段としてそうしたアムウェイなどのビジネスを考えている人は潔く諦めてもらった。

次に、アムウェイの罠というのがあると僕は思っているのだが、それはなにかというと「質のいいとされるアムウェイ製品」である。

今の時代に質の悪い製品自体もうあまりお目にかかれないのだが、アムウェイに悪い意味ではまってしまっているひとはことさらにこのことを強調する。

そして、仲間で成功できるという甘い言葉に妙な宗教観も相まってほぼ洗脳状態になってしまう。

それでも成功したいのであれば、アムウェイ製品の良し悪しをプレゼンテーションするのではなく、自分自身を磨くことだ。

相手からしてみれば、「なぜアムウェイなのか?」というのが一番の疑問とうつるに違いない。


もっともらしい言葉を並べても相手には「お金が儲かるからでしょ?」と見抜かれてしまっている、残念。

あなたがやっていることならおもしろそう、何を使ったらあなたのようになれるのかしら?なるほど、アムウェイというすばらしい商品のおかげなのね。と思わせる必要があることにどれだけの人が気づいているだろうか?

はい、そんな風に言われるほど魅力的な人間はほとんどアムウェイなんてやらないだろうが、まぁやっている人は成功している人だろうと思う。

でも、結局は成果を挙げられていない非成功者の上に成り立つ成功という図式は疑いもないわけだが。

それか、弱きもの、なにかにすがりつきたい、なんとしても金が欲しいという人を食い物にして成功するのも、簡単でいいのかもしれない。

成功には違いないものね。



スポンサーサイト

就職への躊躇

なぜ就職することに躊躇するのか?

それは小学、中学、高校、大学、それから就職というように就職も一連の制度のような形態をとっていることが大きく影響している。

しかし混同してはいけない。

就職のための大学、大学のための高校、高校のための小・中学校という構図は成り立たない。

あくまで各々の要素が先の目的の中に結果として含まれているだけである。

でもこの構図は社会的に是認されている以上、それに則ることが有利であり、障害が少ない。

あともう1つ、この人生の分け方はあまりに考慮を欠いている。

確かに、教育期間と社会貢献期間として分けることもできる。

でも就職をそのまま社会貢献期間として純粋に捉えられるかといえば疑問だ。

しかも、その長い社会貢献期間(20代前半から60代までの期間)は始まったが最後、時間が圧縮されるがごとくほんの人生における一区切りとなってしまうのだろうという確信に近い恐れもある。

僕はできるならば自らの時間を自らで区切り、人生という1つの時間体系を意のままに構成したいと思っている。

人類の栄誉と福祉のため

『調和と健康がいかがわしい悪魔的なものとみなされる一方では、病気が天国への入場券のように見なされるという人類の魂を覆っていたそういう暗い影は理性と啓蒙によって追い払われた。

むろん、まだ完全にとはいえません、今日もまだこの暗影との闘いは続けられています。

そしてこの闘いこそ「仕事」というものなのです。

現世における仕事、この世界のため、人類の栄誉と福祉のための仕事が、つまりそれなのです。

そして理性と啓蒙というこのふたつの力は、この日々の闘争によって鍛錬されていき、未来において人類を完全に解放し、人類を進歩と文明の道へ、ますます明るい温和で清らかな光明に向かって促進せしめてやまないことでありましょう。』

  トーマス・マン著『魔の山』の一節(一部改)

自分なりに現在の「仕事」と社会の関係に応用してみる。

真面目、丁寧、こだわり、個性は忌み嫌われる一方で、姑息、効率のよさ、画一さ、没個性が好まれ、支持され、益をうむ。

むろん、そういう暗い影は理性と啓蒙によって少しずつではあるが打ち払われている。

そして、これからもその暗い影と闘い続けなければならない。

その闘いが「仕事」なのだ。

つまり、真面目、丁寧、こだわり、個性の表れた仕事や、サービス、商品、人間そういったものを評価し、良しとし善とし、社会の原動力とするための働きをひとりひとりがしなければならない。

22_02.jpg

真面目、丁寧、こだわり、個性はすでに多く存在している。

それを育て、守り、その反要素をも摘んでいくことが必要だ。

Iさんのアムウェイ近況報告

今日仕事終わりにIさんのアムウェイ話につかまった。

最近アムウェイについてあまり聞いていなかったので興味を持って聞いた。

先日とった3連休に東京ディズニーシーへいってきたという話から始まった。

メンバーがMさんとKちゃんと聞いてアムウェイの付き合いで行ったことがわかった。

ico_AmwayJapan.png

初日は畑山ファンダースクラウンアンバサダー達成ラリーへ参加してとても感動したといっていた。

場所は横浜国際会議場。夜はその隣のホテルに宿泊したという。

「ファンダースクラウンアンバサダーは今までにまだ4人しか達成していない偉業なんだよ!」とやや熱を帯びるIさんの口調。

ラリーというのはものすごくもりあがるショーみたいな雰囲気らしい。

20120629171126c7c.jpg


そのために仕事を休んで横浜まで行くのはすごいなーと思った。

そして次の日はグループのみんなで東京ディズニーシーを楽しんだみたいだけど、40過ぎのおじさんがおもしろいのかな?ビジネスパートナーといって、と思ってしまった。

アムウェイの話をするときのIさんは大いに夢を語る。

アムウェイのすばらしさを語る。

だけど、そのすばらしさはお金と自由。


しかしIさんは現状なにもしていない。

1年ぶりぐらいに少し前に入ったバイトの子にデモ(アムウェイ製品を伝えるための説明など)をやってなかなかうまくできなかったみたいだ。

もちろんIさんにアムウェイをがんばってもらって、早く自由にそしてお金持ちになってほしいと思う。

だけど、「僕と一緒にがんばろうよ!」、「成功しようよ!」といわれるのはどういう態度をとればいいのか困ってしまう。

アムウェイは「お金と自由と仲間が手に入る」という。

僕はこの3つの中で「仲間」というのになんかひっかかる。

どうしても、「お金のつながりの仲間」じゃないか、そこには真の信頼や友情、絆は生まれそうにない。

きっとお金が稼げるからアムウェイをやるって人が大半なんだと思う。

僕は実際にやったことがないからなんともいえないけれど、一度誘われてミーティングにいったときのあの宗教チックな熱気と興奮は常人ならば少し気味が悪くかんじるのではないだろうか。

時々Iさんのアムウェイ話があったときなんかにアムウェイについて考えて見たいと思う。

トリプル・ダイヤモンドだと年収5000万円だという情報も得た。

確かにこれだけ聞くとものすごいんだけど、そういうお金が出るってこと自体おかしな状況なのに、そういう感覚も失ってしまうのだろうか。

宗教や金儲けは人間の本質みたいなものがみえたりして怖いなぁと思うこともある。

課長Iさんの給料

今日は昼間仕事へ、Iさんがなぜか平日の昼間のシフトに僕を組み入れた。

特に問題はないから初秋の日差しを感じながらほどほどに仕事に取り組んでいると、課長Iさんが自分の給与明細を僕に示しながら言う。

「僕の給料はこんなもんだよ。」

僕はその明細の右下の額を見て少なからず驚いた。

40歳をすこし前に迎えた一人の男が課長で27万円を少し越える給料だった。

30万くらいはあると思っていた。

それほど調子の悪い会社でも小さな会社でもないのに・・・。つらいだろう。

それを裏付けるように、その表情は少しやりきれないといったかんじだった。そして付け足す。

「でもありがたいことだけどね、こうしてお給料をもらえるわけだから・・・」

Iさんはそんな状況から打破すべく2年前くらいからネットビジネスを始めている。

だからIさんとはビジネスや仕事、お金に関することについてよく話をする。

「そういう、このままでは嫌だ、今の状況を打破したい!そういった気持ちが大事ですよね。」

と僕は答えた。

僕はここで先日読んだ苫米地英人さんが書いた雑誌の中でいっていた、

お金に対するとらわれをなくさなければならない。

1万円を破り捨てることができるか?


そういった話をしようかと思ったが、それを説明する時間もそれを受け入れる感覚は持ち合わせてないように思ってそのままにしてしまった。
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。