バーバリーのネクタイ 彼女の愛に応えられないのが常だった


さぁ、ワゴンが現れた!と思ったら、さっとテーブルに様変わりした。そして食前酒にサービスのシャンパンが用意された。グラスに注がれると優雅に泡立ち、金色に輝いた。栓を抜かれ、氷河を思わせるシャンパンクーラーに体を休めるボトルは美しき静物であった。濃緑色のビンとステンレスの光沢が互いに引き立てあっていた。

「二人っきりだといいわね。緊張しないでいいから…」

彼女の言った意味はこうである。

私は幼少の頃からよく外食をした。父が洋食が好きだったが、母は家族の健康のことを考えてのこともあったろう、食卓には和食が並ぶことが多かった。するとある日、父がこう言うのだ。「明日はみんなで外で食べようか」。洋食屋の洋食が食べたくなったのである。またあるときは、「たまにはステーキでも食べに行こう」。これは父が無類の肉好きで、たまにといっても月1は必ずステーキだった。一方、彼女は幼い頃から外食の経験が無く、夕食は家で食べるというのが当たり前で、愛知に住んでいながら、CoCo壱番屋のカレーを食べたことが無いと知ったときには衝撃的であったが、お父さんが、お母さんの作る手料理が一番おいしいといって外で食べるなんて考えられないとまでいっていたそうである。そんな環境で彼女は育ったものだから、私が彼女をフレンチに誘ったときのこと、メインの肉料理が出てくると、「私、あんまりナイフとフォークうまく使えないの」といって恥ずかしがった。私は無論、ステーキを食べなれていたから難なく切り分け、口に運んでいると「ナイフとフォークとっても上手に使えるのね」と私を褒めた。

そんなわけで、彼女はナイフとフォークの扱いに自信が持てず、いつも緊張するというのだ。しかし、今回は誰の目を気にする必要もないので食事と会話が楽しめると喜んだわけである。

食事を終え、輝いていた夜景もだんだんと照度を落とし、すっかり朧に闇夜を照らしているだけであった。部屋の明かりも落としてしまって、私が窓辺で彼女をそっと抱きしめると「プレゼントがあるのよ」と彼女は囁いた。その声は私の心をなでるように柔らかなトーンであった。

c3d7dd3578e33942918d7ef21a1352cecd900f40_convert_20181128015436.jpg

私はこのヒルトンでのディナーと宿泊をプレゼントにしようと思ったわけであるが、やはり形として残るプレゼントもあったほうがいいであろうと、ちょっとしたプレゼントを用意していた。ところが彼女が私へ送ってくれたのは、バーバリーの素敵なネクタイだった。今はなき三陽商会が権利?をもっていたバーバリーロンドンのロゴのものである。私は己を実に卑しい人間だと思った。なぜ、しっかりとしたプレゼントをあげなかったのか、彼女に対してケチったのか。私が金に卑しいからである。それから私は誰かにプレゼントをするときにはどんな状況であっても中途半端なプレゼントはあげないことに決めた。しかも、彼女は私がコーヒーも好きだというので、あたたかみのあるハンドメイドの陶器のマグカップもくれた。何度も飲んでいるうちに、コーヒーの色素などが程よく付着し、味わいが楽しめる代物だという。後に、私はこのマグカップを不注意で割ってしまうのだが、彼女に対していつも十分な愛を返すことができず、こんな風に彼女の思いには到底及ばない私の彼女に対する気持ちを思うと、申し訳ない気持ちを感じるのが常だった。
関連記事

ヒルトン名古屋 モエ・エ・シャンドンでよみがえる記憶


煌びやかなホテルのエントランスを前に彼女は私にぐっと寄り添い、腕を引っ張り、甘えるようなそぶりを見せた。ロビーは落ち着いた雰囲気だったが美術館のような緊張感ではなく、ホッとするようななんとなくアットホームな感じがただよっていた。眼前には精巧に作られたジオラマとそこを軽快に走る鉄道模型がセットしてあった。

src_41539607_convert_20181121012558.jpg

私はこうした遊び心が好きである。私自身がつまらない人間で、遊びを遊べない人間だからこそ、そうした計らいを勇敢で気の利いたものと思うのである。残念ながら、私は人を楽しませることはできない、だからせめてこうした面白いものを見つけたときには誰かに教えてあげたいと思う。

彼女はジオラマや鉄道にはあまり興味を惹かれなかったらしく、クリスマスツリーの飾り付けや辺りをホテル内を飾るイルミネーション、装飾の数々、クリスマス仕様のプロダクトなどに目を奪われていた。私はパーッとクリスマスを楽しもうといつもよりも厚みのある財布をバッグの中に感じながらフロントでチェックインを済ます。ビシッと決めたフロントスタッフは清潔感とスマートさに溢れている。

部屋は二人には十分すぎるほど広かった。普段泊まる宿とは違って、ちょっとしたバーカウンターのような設備があって簡単なカクテルがつくれるようなセットがあった。部屋は西向きで穏やかに日が沈んで行くのを眺めながら、私たちはこうして今年も一緒にクリスマスを過ごせる喜びをかみしめていた。彼女も私も空が闇に染められていくのを惜しみ、「空が何層にもわかれて見える、この時間が一番好き」と彼女は言った。私は空の変化をグラデーションではなく、はっきりとした色調の区別で彼女が認識していることに驚いたものだった。「俺にはそんなに劇的な変化には見えないよ」「そうかしら、あの光と闇の境目をごらんなさいよ。まるで虹を拡大したようにみえるじゃない」

それからは名古屋のビル郡の夜景が窓枠によって切り取られた。今では、その当時交わした会話や、彼女の表情、その一切はどこにも見出すことはできない。かろうじて私に残っていたのが、シャンパンクーラーに入っていたモエ・エ・シャンドンがシャンパンぐらすに注がれたとき、彼女がその泡の出所を不思議そうに下から覗いていたそのシーンで、それは私がリーデルのシャンパングラスが泡がたちやすくなるように底に傷がつけてあるというのを確認しようとして偶然思い出したのである。

20160628101618_sub_img_1_convert_20181117235546.jpg

ルームサービスのクリスマスディナーとはどんなものだろう?と想像するのは難しかったし、またルームサービスで豪華な食事とは行かないとも覚悟していた。世界が聖なる夜に包まれて間もなく、通常のルームサービスとなんら変わらずベルが鳴った。
関連記事

クリスマスディナーをルームサービスで 「ヒルトン名古屋」


あれは彼女と過ごした何度目のクリスマスのことであったろう。クリスマスにはディナーに出かける、それが私たちの聖夜の過ごし方であった。初めて迎えたクリスマスは母がよく連れて行ってくれた近場のフランス料理店で、プレゼントを渡すタイミングを逃すまいとするあまり料理に全然集中できなかったことをよく覚えている。それからある年は六甲山ホテルで夜景を見ながら、またある年は東京ディズニーシーで運河を見下ろしながらという具合に、毎年去年に劣らぬよう企画し、工夫したものだった。

その年、今年は高級ホテルでクリスマスディナーを食べようということになった。名古屋にある高級ホテルといえば名古屋駅ビルのツインタワーを構成する「マリオットアソシア」、名古屋城を借景とするかのごとき「ナゴヤキャッスル」、名古屋の老舗名門ホテル「名古屋観光ホテル」、またディナーは夜景もセットと考えると世界的ホテルチェーン「ヒルトン名古屋」も欠かせなかった。これらは無論、私の主観において高級ホテルという認識である。それぞれのクリスマスディナープランを検討してみても、どれもこれも高級食材をつかった豪華なフルコースで、それゆえに決め手を欠いた。どれもおいしいに決まっているし、彼女も喜んでくれるだろう。私もきっと大満足するに違いない。

そんな風に、ホテルを決めかねていたところ偶然、こんな文言が目に飛び込んできた「クリスマスディナー&ステイ」。クリスマスディナーをルームサービスで提供してくれるというのだ。「ヒルトン名古屋」さすがワールドクラス。さまざまなニーズに答える用意ができている!ちょっぴり感動。他のホテルで同様のサービスを探してみたが見当たらなかったので、「ヒルトン名古屋」で即決。ディナーの後そのまま宿泊というのも贅沢だ。私は名古屋近郊に住んでいたから当然のことながら、ほとんど名古屋のホテルに泊まるということがなく、こんなにも素敵な高級ホテルがあるのにもったいないなぁと思っていた。こうした機会をとらえて一つひとつ制覇してみたい。

opg_img_convert_20181118000749.jpg
関連記事

モエシャン? 海外の技術力RIEDELのシャンパングラス


「夕飯どうする?」と寝具店を出しなにAが言った。

「俺この後、会食があるんだわ」

心苦しさは感じたものの、欠席するわけには行かぬ、そんな類の会食であった。

「じゃあ、ここいらで解散だね」とまたA。

「モエシャン買って今日は家でゆっくり飲もうかな」とすぐそこにある酒屋ビックに歩を進め、Yは空に向かってつぶやいた。

「モエちゃん?誰それ」

「ああ、シャンパンのモエ・エ・シャンドンだよ。モエシャンって言わない?」

私は初めてモエシャンなる言葉を聞いた。たしかにドンペリニヨンをドンペリとは聞いたことがあるが、これも実際に口から出た言葉としては聞いたことが無い。Yはそういった夜のお店の常連だった。

Yはなんでもない日に飲むシャンパンがうまいんだと言う。私が初めてモエ・エ・シャンドンを飲んだのは、成人になってしばらく経ってからのことだった。姉があるパーティに参加したときにビンゴで当たったんだけど、お酒飲めないからあげる。といって私にくれたのだ。シャンパンをもらったはいいが、それまで一度も飲んだことが無かったから生憎、シャンパングラスが無い。私は、この”不足”を感じるとき、同時に喜びと期待に胸が膨らむ。不足の先に充足を見るのだ。そんなシャンパングラスを買おう?不足を感じた次の瞬間にはそこに収まる最善の選択を模索し始めている。そしてその準備がある。やっと念願の「RIEDEL」のグラスが買えるぞ!いかなる念願があろうとも、私のルールでは必要が先立たなければならない。ようやく「RIEDEL」の必要に迫られたわけだ。

10211658_5446122c76393_convert_20181114121349.jpg

憧れの「ソムリエ・シリーズ」が目の前にチラつくが大して味の違いも判らない。身の丈にあったモノを選ぶべきであるということで、マシンメイドのスタンダードなライン「vinumシリーズ」のフルートタイプではなく、ボウルが丸みを帯びたタイプ。ステムが殊に美しい。無論、ソムリエ・シリーズと見比べると見劣りするが、それでもマシンメイドで価格帯を考えれば実に優れた商品だと言わざるを得ない。いわゆる日本の技術力とはまた違った方向性を持つ技術力を見せつけられた思いがする。

さて、これで「モエ・エ・シャンドン」を味わう準備ができたわけだが、飲んだ真っ先の感想は「予想外の辛口」である。勝手にシャンパンを甘みのある飲み物だと認識していたために生じた衝撃で、すぐに私の味覚は均されていった。辛口であっても、香り、コク、味わいがマイルドでありながら豊かさも感じられるとても飲みやすいものであった。
関連記事

知識を優に上回る”育ち”で培われる教養


「ねえ、あそこの寝具店はいってみてもいいかな?」とYがこじゃれたエリアにありがちな、ごく小さな店舗の集合体のような建物を指差して言った。

赤い看板に白字で”IWATA”と記されている。ガラス張りで外から中の様子がうかがい知れ、いかにも品のある高級そうなベッドが並んでいる。私なら当然躊躇するような店構えであったがYは躊躇うことなく入店した。いかにも寝具を買いに来ました!という迷いない様子で並んでいるベッドに近づいていったかと思うとすでに店員と商品について色々と聞き始めている。

「朝起きると最近首が痛いんですが、枕があっていないのか、ベッドが悪いのか、どうなんでしょう」とそんな会話が聞こえた。

私は私で、枕や寝具御誂専門店「IWATA」の理念やこだわりの素材についての説明書きや案内に目を通したりしていた。Aはというと、今の寝具に満足しているから特に必要ないね。と言わんばかりに商品とは気持ちだけではなく、物理的にも距離をとって店内の様子や、我々のふるまいをぼーっとながめているのであった。

DI_8703-small_convert_20181111013847.jpg

たしかYは私の記憶が確かならSIMMONSのベッドで毎日の睡眠時間を過ごしているはずだが、前に固いとか、日本人には合わないとか不満を言っていたのは、大げさでも冷静な客観的一般論でもなく、実感だったのである。視線をそちらにやると彼はベッドに横になり、寝心地を確かめているところであった。私もちょうど気になる商品があったので、どれ一つ、試してみようかとYの実に優雅なルイヴィトンのリュックの横に私のCOACHのボディバッグを置いた。それはまるで人間の親子のように、全く風格が異なり、COACHも立派なブランドであるはずなのに、とてもちゃっちくみえた。仕立て?が一段、二段違うのである。

jinshinbed02_convert_20181111015158.jpg

私の関心を引いたのはこのチンパンジーが樹上で自ら入念に作るという寝床に倣ってつくられた妙な形のベッドである。お値段40万円ほど。すでにSealyのベッドを購入したあとだった私は検討するまでにも至らなかったが将来の参考までに、また果たしてこの斬新ともいえるスタイルのベッドの寝心地はいかがなものかとためしに寝そべってみた。まっすぐ伸びると足首から先くらいは出てしまうが、ベッドの形状に合わせて包み込まれるような姿勢をとるとちょうどいい具合に体がすっぽりと収まり、土台が微妙なバランスをとるのでそれが柔らかな寝心地となって感じられる。通常の枕のはたらきを盛り上がったヘリが果たすので枕に合わせて眠ると言う必要が無く、非常に自由度が高いという印象であった。

私がそんな風に半ば遊んでいると―店員も私がひやかしであることを察したのか、一度声をかけた後は放っといてくれた。実に良い接客であった―Yはキャメルやカシミヤなど素材別にコレクションされているケースを見比べて説明を聞いていた。私はキャメル。はキャラメル色のことを言うだと思っていたのをYがやっぱりキャメルのコートは暖かいからね。といったのを聞いてはずかしくおもった。私はキャメルの何たるかを知らないのだが、Yにとってその根源は知識云々を必要としないところにあったのであった。つまり彼が日々扱うものによって自然に身につく教養が私の知識を優に上回ってしまうのである。これこそが正に育ちというものなのであろう。
関連記事
プロフィール

hajime

Author:hajime
ぜひ、高校生や大学生などの青年諸君に注意深く読んでもらいたい。むやみに多読する必要はなく、知識や思想の力があれば悩みに打ち勝つこともできるのだ。僕自身が高校時代から現在に至るまで苦悩と苦悶を繰り返しながら、懸命に人生について、「善く生きる」とはどういうことか、ということを真面目に考え、行ってきた事実をここに記している。その内容はきっと青年に役立つであろうと思わないではいられない。

無料メールマガジン
メルマガ購読・解除
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる